2005.05.31

さよなら、貴ノ花

元大関貴ノ花の二子山親方が、55歳という若さで亡くなりました。

貴ノ花は、私が小学6年生の頃に相撲を見始めたときからずっと応援していた力士で、体が大きくなかった私にとって、小さな体で大きな力士に真っ向勝負を挑む貴ノ花は、憧れの存在でした。
土俵際での逆転勝利が多かった取り口から「サーカス相撲」や、9勝6敗で勝ち越すことが多かったことで「クンロク大関」などと揶揄されもしましたが、あの小さな体で大関在位50場所というのは、本当にすごいことだと思います。

私が大学生の頃に貴ノ花は引退しましたが、引退のニュースを見た相撲のことをあまり知らない友人が、「大関在位50場所」というのを見て、「そんなに長いこと大関やっていて横綱になられへんって、根性ないなぁ」と言ったことに対して、「お前、あの体で大関を50場所も続けるって、どれだけすごいことか分かってんのか!」と噛みついたことを、今でもはっきりと覚えています。
今思えば大人げないですが(というか、まだ未成年だった?)、その時は、心底怒ってしまいました。(苦笑)
後日その友人に、「あの時のお前、ホンマに恐かったわ」と言われ、少し反省したものです。

昨夜から今朝にかけ、テレビのニュースで過去の名勝負のVTRを何度も流しているのを観ましたが、北の湖との優勝決定戦で勝った相撲は、当時リアルタイムで観ていて、今でもよく覚えています。
あの時は、ものすごくうれしくてテレビの前で絶叫し、北の湖ファンだった弟と一触即発になったものです。(笑)

引退後は、藤島部屋~二子山部屋で数々の名力士を育て、ふたりの息子が横綱になるなど、順風満帆の人生かと思われましたが、ここ数年で、家庭が崩壊の道を辿っていったことは残念でなりません。

しかし、あまりにも若すぎる・・・。
本人も、さぞ無念だと思います。

冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.11

名前だけ残っても・・・

オリックス、近鉄の統合新球団「オリックス・バファローズ」のユニフォームが発表されましたが・・・。
見ました?
旧オリックスのユニホームと色、デザイン、文字の書体が一緒で、胸のロゴが「BlueWave」から「Buffalose」に変わったのと、左肩に「近鉄」の文字が入っているのみ
実質、近鉄が吸収合併されたというのは分かっていたことですが、まさか、オリックスのユニフォームがほとんどそのままとは。

元阪急ブレーブスファンの私としては、阪急色を一掃し、ブレーブスの名前を消してしまったオリックスも、ライバル球団だった近鉄にも、あまり興味はなかったです。
でも、新しく生まれ変わる「オリックス・バファローズ」には、オリックス、近鉄両球団のいい部分がミックスされ、両チームの監督を務めた仰木さんが監督をすることによって、魅力的な球団が誕生すればいいなという期待がありました。

それが、このユニフォーム。

正直ガッカリしました。
もしかしたら、応援できるチームが出来るかなと思っていましたが、やっぱり応援しません。

近鉄の選手、ファンは、きっと悲しくて仕方ないでしょうね。
「ブレーブス」の名前が消えたときの悲しみが、よみがえってきました。

| | コメント (5) | トラックバック (1)