« 熱燗♪ | トップページ | 危機一髪(その2) »

2007.03.01

危機一髪(その1)

今朝、通勤時に利用している西名阪自動車道で、事故に巻き込まれました。
と言っても、直接事故に絡んだわけではなく、事故の影響で発生した渋滞に巻き込まれたということですが。

いつもどおり、順調に高速道路を走っていると、前の車が、急にとまでは行かないまでも、緩やかでもないという感じで減速を始め、私も慌てて速度を落としました。
そのまま前の車は速度を落とし続け、ついに停止し、私もそれに続いて停止しました。
前方には、車が連なって止まっています。

「何や、事故かな?」
と思い、しばらく止まっていましたが、その後、パトカーや救急車などが次々と渋滞の列をかき分け前に進んで行きました。
やはり事故のようで、しかも発生直後という感じです。

結局、その後1時間半ほど、その場に止まったままだったのですが、その間、一度車外へ出て事故現場まで歩いて見に行ったところ、私が止まっていたところからわずか200m程先で、その事故は起きていました。

Jiko_1

200mということは、実際は、車間距離を取りながら走るので、私が走る1kmほど先で事故が起きたことになりますが、その差は、時間にしたら35~40秒ぐらいでしょうか。
もう少し家を早く出ていたらとか、もしあの信号で捕まらなかったら、事故に(本当の意味で)巻き込まれたかもしれないと思うと、少し恐かったと同時に、会社に遅刻しただけで済んでラッキーだと思う事にしました。

さて、タイトルの危機一髪ですが、ここまでの内容くらいでは、危機一髪とは言えませんね。(^^)

本当の危機は、事故で止まっている途中から、じわじわと発生し始めていました。

つづく

|

« 熱燗♪ | トップページ | 危機一髪(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50305/14088888

この記事へのトラックバック一覧です: 危機一髪(その1):

« 熱燗♪ | トップページ | 危機一髪(その2) »