« 6歳になりました | トップページ | 久々のキロ4分切り »

2005.11.02

あるランナーの死

10月30日に、千葉県柏市で行われた「手賀沼エコマラソン」で、ゴール直前でランナーが倒れ、運ばれた病院で死亡するという事故がありました。

このとき、偶然その場に居合わせたマラソン仲間のゴンちゃんが、彼が所属する「チーム走り屋」のみなさんと共に懸命に救護に当たられ、その時の様子を掲示板に書かれました。

それを読み、何となく他人事だった出来事が、身近なものになり、
自分自身や仲間を守るため、家族を悲しませないためにはどうしたらいいのか?
いろいろ考えさせられました。

本人の許可を得て、ここに転載します。

---

ゴール後、ピンク軍団を応援にゴール手前400mあたりに戻りました。
次から次へとゴールしていくランナーたち。
ピンク軍団も次々ゴールし、私のところに集まって応援していました。
時間にして12時10分過ぎでしょうか。あと数名のピンク軍団を待っているときです。
我々のいるところから4,5m手前のところでランナーが倒れたのです。
「キャー、倒れた」と応援に来ていた人が叫んだのでわかりました。
すぐに我々は飛んでいき、救護に当たりました。
しかし倒れた彼は、白目を剥いていて、手の指は硬直。
私が最初に声をかけ、肩を叩き意識の確認、
頚動脈で心拍、耳で呼吸を確認しましたが、残念ながら心肺停止状態でした。
ピンク軍団の中に私を含めて3人、心臓マッサージ、人工呼吸が出来るのがいて、早速取り掛かりました。
それ以外のメンバーは、救護テントに走ったり、周りを整理したりとしました。
救急車が来るまで約10分、声を掛け合い、命を助けようと努力しました。
救急車が到着し、AED(除細動器)をつけてショックを与えようとしたとき、かすかに心臓が動き出し、そのまま救急隊によって心マ、酸素吸入が続けられ、乗せられていきました。
しかし彼は病院に着きましたが、1時間半後にまた心臓が止まり、死亡が確認されたそうです。
死因は致死性不整脈だそうです。

彼はまだ26歳、どんな生活をしていたのかわかりませんが、これから人生のいろいろな楽しみがあったと思います。
それを考えるとかわいそうでなりません。

しかし彼にとって無念かもしれませんが、彼の死は我々に貴重な体験をさせてくれました。
決して無駄になったとは思いません。
こんなことを書いたら叱られるかもしれませんが、我々に救命法を実際に体験させてくれたし、我々ランナーに体調管理の大事さを教えてくれたし、いつ何時、このようなことが何処でも誰でも遭遇するかわからないので、講習を受けたほうがいいなど、本当に貴重なそしてとても残念な一日でした。

今日の朝ランは現場に行って合掌してきました。

---

FRUNの会議室でも、「チーム走り屋」に所属されているゾウさんという方が、この件に少し触れられています
チームとして、救急の講習会をみんなで受ける方向で動かれていらっしゃるようですが、私も講習会を探して行ってみようと思います。

|

« 6歳になりました | トップページ | 久々のキロ4分切り »

コメント

おはようございます。たけしたです。
救急救命の講習会は 消防署でやってます。
ランニングの途中で寄ってきいてみてくださいな。
あと 保健所とか 医師会とかもどこか紹介してくださると
思います。
ではでは
心臓マッサージは 遠慮しないで思いっきりすることね。

投稿: たけした | 2005.11.02 09:02

こないだ、9月のトラックレース後で倒れた私としては・・・・他人事じゃないんですよ。
本当に・・・、気が遠くなって・・・ バタッ!といってしまいましたから。(倒れたなんて生まれて初めてです)
駆けつけてくださった皆様のおかげで何ともなかったけど・・・皆さんそのときはありがとうございました私も救命救急講習会を受けようと思います。
それと、無理しないこと・・・家族と自分のためにも、これからは楽しんで走ろうと思いました。

投稿: うさこ | 2005.11.02 09:21

たけしたさん
市の消防署へ確認したところ、月1回講習会があるようです。
ただ、人が集まらないのか、できたらお友達を連れてきてください、と言われました。

うさこさん
一度そういう経験をすると、恐いですよね。
普段の生活でも、走っているときでも、自分の体調に耳を傾ける習慣をつけたいものです。

投稿: ほにゃらか | 2005.11.03 07:05

はじめまして。
ずっと以前から読んでおりましたが、コメントさせていただくのは初めてです。
以後、よろしくお願いいたします。

友人が10kmレース初デビューで熱中症で倒れたり、自分も初フルでフラフラになったり。
目の前で交通事故が起きて、119番したり、最近身の回りで思うところある中でこの記事を読みました。
僕も近いうちに必ず、救命法の講習を受けることを決意しました。
消防署の他に、日本赤十字でも講習を行っているようです。

投稿: かずき | 2005.11.04 10:55

かずきさん
コメントありがとうございます。
テレビや新聞のニュースだけだと、どうしても他人事になってしまいがちですが、身近でこういうことが起こると、いろいろと考えさせられますよね。
「自分は大丈夫」と思いがちですが、自分にも起こる可能性があるということを認識しないとダメですね。

投稿: ほにゃらか | 2005.11.05 05:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50305/6842858

この記事へのトラックバック一覧です: あるランナーの死:

» 死なない程度に [野川のカルガモおとーさんの独り言]
今日はいろいろとあって早く帰宅したにも関わらず、芋焼酎で飲んだくれていました(^ [続きを読む]

受信: 2005.11.03 22:18

» 死なない程度に [野川のカルガモおとーさんの独り言]
今日はいろいろとあって早く帰宅したにも関わらず、芋焼酎で飲んだくれていました(^ [続きを読む]

受信: 2005.11.04 00:34

« 6歳になりました | トップページ | 久々のキロ4分切り »