« 全滅(--;) | トップページ | オールA! »

2005.06.27

初六甲全山縦走

昨日は、初めて六甲全山縦走をしてきました。
メンバーは、O西さん、N川さん、T田さん、Kんあんさん(分かりやすいですね・笑)、わたくしHにゃらか(笑)の5人です。

7時45分に、須磨浦公園駅をスタート。この時点で気温はかなり高かったようで、山に登るより、眼下に見えている海の方に行きたい気分でした。(今朝の新聞によると、昨日の須磨浦海岸は、海開き前にもかかわらず大賑わいだったそうです)

スタート後、いきなりの階段の連続に汗がしたたり落ち、先が思いやられます。
でも、主催のO西さんが、先が長いので登りでは無理をしない、という方針でペースを作ってくださったので、序盤は楽でした。このペースなら楽勝楽勝!と思っていましたが、余裕があったのは最初だけでした。

菊水山に登る階段の連続。過去、何人もの方から、この階段のきつさを聞いていましたが、話に聞いたとおりのタフなコースで、私はここで一気にペースダウン。私以外の4人は、スイスイと登っていきますが、私は脚は上がらない、息は切れるで、何度も止まっては休憩してしまいました。後で考えると(半分言い訳も含めて)、脱水気味だったのと、軽い低血糖ということもあったと思いますが、でもやっぱり、トレイルコースは弱いです。

菊水山を過ぎた後は、何とかみんなの後を付いてはいきましたが、精神的にかなり参ってしまい、途中でリタイヤしようと真剣に考えていました。

コースのちょうど半分の地点、桜茶屋で昼食休憩。この先、摩耶山へ登る難関、天狗道が待っています。
ここでO西さんは、正規のコースだがかなりきつい「天狗道」で行くか、なだらかで、川沿いを走るさわやかな「トゥエンティクロス」を行くかの選択を、メンバーに迫りますが、みんな、もごもごとはっきりしません。これはきっと、みんな、正規の「天狗道」を行きたいのだなぁと考えると、「トゥエンティクロス」にしたいという軟弱なことは言えません。私もはっきり意見を言わないで、とりあえず腹ごしらえします。

するとどうでしょう!おにぎりを食べて、お茶を飲んでとしていると、段々と気力が湧いてきて、それまでの疲れも消えてくる。何かよく分からないけど、精神的にも復活してきて、よし!最後まで行くぞぉ!という気持ちになってきました。
O西さんの最終確認にも、きっぱり「天狗道!」と答え、コース確定。さあ、ゴールに向かってがんばろう!

天狗道は、たしかに厳しいコースではありましたが、菊水山への登りに比べると楽だったし、給食して復活し、気力も充実していたので、しっかり登ることが出来ました。
よく言われる、「ウルトラは途中で復活できる」というのはこういうことなのかと感じました。

コース東側は、西側に比べると走りやすいコースが多く、前半とくらべてかなり楽でした。
しかし終盤のトレイルの下りは、精神的にきつかったです。
私以外の4人は、岩がゴロゴロした下りコースを、忍者のように駆け抜けていきますが、運動神経とバランス感覚に少々難ありの私(泣)には、そんな芸当は出来るはずもなく、おそるおそる、こけないように、慎重にゆっくり下っていきます。その間、前との差はあっという間に開き、単独走になります。
ふん、別に、こんなとこで速く走れなくても、マラソンには関係ないもんね。
などとひとりで開き直り、わざとゆっくり歩いてみたりしました。(苦笑)

そんなこんなで、16時少し前に無事塩尾寺に到着。O西さんの予想タイムピッタリでした。

その後、急坂を下って市街地まで行き、コンビニでビールを買って、公園で乾杯~プチ宴会。みんなで健闘をたたえ合い、楽しく飲みました。

暑い中、おつかれさまでした!

|

« 全滅(--;) | トップページ | オールA! »

コメント

ほにゃらかさん 今晩は たけしたです。
そーそー 下りで転んで 怪我でもしたら ぱーーやもんね(負け惜しみ大)
私、下りで良く追い越されますよ。ハイキングの団体とかに(笑)(笑)
そー言えば この間のダイトレチャレンジ登山でも
山岳マラソンの選手とバトルをしました。 登りでは追い越すのだが、下りで抜きかえされました。
しかし 早いですねぇ みなさん。
私は10時間24分掛かりました。
ではでは

投稿: たけした | 2005.06.28 00:07

ほにゃさん、YOKKOです。
この暑いのに、お疲れ様、すごいね、8時間で縦走とは・・・。
菊水山の登り階段ってやっぱりきついんですね。 きつーいって感じるのは私だけかと思っていました。 お腹が空いてないように思っても、やる気が無くなって来たら低血糖が原因のことが多いですよね。
ウルトラの時は、胃腸の具合が悪くなってどうしても食べられなくなった時のために、用意するものがあります。
調子が良くて、使わずに持って帰ることもあるけど、私にとってはお守りのような物かな。
ほにゃさん、ウルトラで狙ってる大会あるの?

投稿: YOKKO | 2005.06.28 16:45

こんにちは、O西です。(笑)
六甲での擦り傷と捻挫を理由に2日間走ってません。(前回と同様ですね)今度は、逆縦走を実行して須磨の海に飛び込みたいですね。是非とも、水着の女の子が多い内に実行したいものですね。

投稿: O西 | 2005.06.28 18:10

たけしたさん
そうそう、こけて怪我したら意味ないですよね。
と、私も負け惜しみ・・・。
実際、どんどん離されると、情けなくなりますけど。

YOKKOさん
菊水山、きつかったです。私が「弱い」ということもあるんですけど。
YOKKOさんが用意されるという食料?、気になります~。よかったら教えてください。

> ほにゃさん、ウルトラで狙ってる大会あるの?

今のところ、狙うも何も、参加予定すらないです。
今練習でやってるロングも、フルに向けての基礎作りなんですよ。

O西さん
怪我、捻挫大丈夫ですか?
私は、昨日は走りましたよ。でも筋肉痛でボロボロ。(苦笑)
逆全縦したあと海に飛び込んだら、足がつって溺れ死にますよ。(笑)
海水浴だけにしましょう!(笑)

投稿: ほにゃらか | 2005.06.29 05:04

昔 逆全山縦走して塩屋からそのまま国道を明石まで
お好み道場に飛び込んでの生ビール一気に二杯と明石焼き うまかったなぁ。
(っと 遠い目になるぅ)(若かったなぁあのころは)
ではでは

投稿: たけした | 2005.06.30 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50305/4730280

この記事へのトラックバック一覧です: 初六甲全山縦走:

« 全滅(--;) | トップページ | オールA! »